') ?> MovableTypeのスパム対策その6(http 1.0排除)|ぼくんちのバックステージ

MovableTypeのスパム対策その6(http 1.0排除)

MovableTypeのスパム対策その6(http 1.0排除)TOP ≫  Web制作サーバー関連  またはTOP ≫ Web制作MovableType(4.25)Tips

MT,スパム,対策,プロトコル,1.0,htaccessなどについて。

私のmtスパム対策も、そろそろ佳境。かなりの精度でスパムを弾けるようになってきた&どういう攻撃をしてくるのかが、大分解って来ました

MovableTypeのスパム対策その6(http 1.0排除)

関連過去記事

の続編。

そろそろ「これが最後の対策・・・!」と言いたい所。

今回の対策:リクエストプロトコル HTTP1.0を遮断

最近、Apacheの生ログとニラメッコな日が続いていましたが、ここに来てようやくスパムコメントにある共通点がある事を発見。

  • MovableTypeへのスパムコメントの共通点
  • OSがXP(確率99%)
  • ブラウザがIE6(確率99%)
  • リクエストプロトコルがHTTP1.0(確率99%)

プロトコルからの判別でほぼスパムが判別出来そうなこと発見。
先日かなり先走って、XP+IE6を悪者にした文章をアップして大いに反省しました( ̄▽ ̄;)

イマドキのブラウザならHTTP1.1で通信できますんで、
.htaccessでmt-comments.cgiをHTTP1.0から遮断してやれば良いのでは?
と思い立った次第。
(サイト全体でHTTP1.0を遮断すると、Googleさんなどのクローラーまで遮断しちゃう)

<Files"mt-comments.cgi">
#注:現在コメントCGIはリネームしてます
SetEnvIf Request_Protocol "^HTTP/1\.0" http_10
#▲通信プロトコル Http1.0禁止に(実際は下部のdenyで禁止)
order allow,deny
allow from .bbtec.net
allow from .jp
#▲一般的な国内プロバイダ許可
allow from 2iij.net
allow from mopera.net
allow from panasonic.com
allow from ibm.com
allow from as13448.com
allow from necel.com
allow from zero-isp.net
allow from bitcat.net
allow from ntt.com
#▲赤い部分は企業や特殊なプロバイダ。無くてもOK
deny from env=http_10
</Files>

▲こんなカンジにしてみた。
deny allowの解釈を良く解っていないので、このままでは穴がある気がしますが、一応40時間ほどスパムなし。

この設定で何時まで持つか・・・!?

2010/09/23追記
すげー参考になるページ発見
Apacheのアクセス制御をちゃんと理解する。 - こせきの技術日記
deny allowの順序の解説がスゲー良い。

スパム対策「CGIリネーム」その後

コメントCGI、トラックバックCGIのリネーム、変更当初はもの凄い効果を発揮していましたが、やはり1週間ほどでチラホラとスパムは集まりだし、3週間経った頃から複数のIPから20~60件/日程度の攻撃が来るようになりました。

やっぱJavascriptなどでコメントCGIのファイル名を隠しておかないと、2~3週間で元の状態に逆戻りですね('Α`)

と言う事で、最近再びスパムちゃんぷるーDNSBLやmt-ban-ascii.pl などのスパムプラグインとの併用を開始しました。

「スパム万来状態」でMTでスパムちゃんぷるーDNSBLを利用すると、サーバーのCPU使用率がハンパ無い

以前スパムちゃんぷるを利用した時には、業者にロックオンされたURLは全てコメント・トラックバック禁止に設定していました。しかし今回は全てのページでコメントオープンにして稼動させると。。。。

サーバーのCPU使用率
▲CPU使用時間が約2倍に跳ね上がり('Α`)

土日CPU稼働時間:平均2時間30分 → 4時間以上に
平日CPU稼働時間:平均1時間30分 → 2時間半以上に

コメントのスパム処理だけで、CPUが1~2時間も無駄に作動しちゃってる。
導入後、503エラーは全く出ていないので、Livedoorのデータベースからの応答を待っているだけの非常に軽い負荷なんだろうけど、これは気持ち悪い。

今後の運用で胆に銘じること

スパム対策は、

  1. cgiパスを見破られないように
  2. スパムはできるだけ.htaccessで弾く
  3. 残った「ターゲットにされたURL」はコメント・トラバ禁止に
  4. 「1.」「2.」「3.」の状態でスパムちゃんぷるを稼動
    (既にターゲットにされた状態で「スパムちゃんぷる」を利用すると負荷が大きい。)
  5. あとはmt-ban-ascii.pl が稼動している程度でOK

上記運用がベストかも。
ターゲットにされてから対策を練るより、ターゲットにされない事が重要だと改めて痛感。

おまけ

MTのコメント受付のCGI化。これからやるのでメモ。
以下はWingMemo: MT4を運営開始する前に設定しておくと良い9つの項目:からの転載です。

mt.jsに以下を追加
インデックステンプレートのmt.jsの最後に以下の記述を追加。

function mtCm() {
document.comments_form.action ="<$MTCGIPath$><$MTCommentScript$>";
}

コメント入力フォームの修正
モジュールテンプレートの「コメント入力フォーム」のactionの中の青字の部分を削除し、</form>の下に赤字の部分を追加します。

<form method="post" action="<$MTCGIPath$><$MTCommentScript$>"name="comments_form" id="comments-form" onsubmit="if(this.bakecookie.checked) rememberMe(this)">
              ↓
<form method="post" action="" name="comments_form"id="comments-form" onsubmit="if (this.bakecookie.checked)rememberMe(this)">
</form>
<scripttype="text/javascript">mtCm();</script>
</div>

*これはOpen MagicVoxJavaScriptを使ってスパムによるCGIの過負荷を防ぐを参考にアレンジさせていただいたものです。参考先ではコメントCGIを分けてソースに記入していますが、ここではコメントCGIはmt.jsの中に隠してしまって、ソースの中からは完全に除去する方法をとっています。

コメント詳細の修正
MT4デフォルトではコメンターがURLを入れていた場合、コメントCGIを介して相手サイトにリダイレクトする仕様になっています。なのでここをそのままにしておくと、リダイレクトURLからコメントCGIがバレてしまうので、以下の赤字の部分を追記してコメントCGIからリダイレクトされないようにしておきます。

<$MTCommentAuthorLink default_name="Anonymous"show_email="0" no_redirect="1"$>

私の経験からでは効果は抜群です。MT4になってMT-Keystrokesが使えなくなった人にも差し当たりの代わりとして使えるかと。


転載終わり

ああ、コメント内のURL入力欄のリダイレクトからもCGIの存在がバレちゃうのか('Α`)
コレも治しておかないとダメなのか、、、


Category: サーバー関連, MovableType(4.25)Tips | 投稿:2010年2月24日 (最終更新:2010/09/23)
一つ前の記事 : 一千万円拾った!
一つ後の記事 : MT4i:携帯サイト表示のレスポンスとアクセス数


携帯の方はコチラへ